なぜ人気?横浜の様々な面から見た魅力

不動の人気の街である横浜

横浜はみなさんご存じの通り「住みたい街ランキング」トップに毎年君臨するほど人気のある街です。横浜は確かに海があっておしゃれな街並みで程よく緑もあり、圧倒的な人気もうなずけるほど魅力がある街だと思います。ですが、日本には神戸や長崎といった横浜に近い雰囲気の街がいくつもあって、それらの街もとても魅力的です。なのになぜ横浜はこんなに人気なのか、今回はいろんな角度から横浜の人気の要因を探ってみます。

人気エリア、みなとみらい

やっぱりきれいな街並み

横浜といえば洗練された雰囲気の綺麗な港町というイメージを持っている人も多いと思います。そのイメージを裏切らない、素敵な街並みが横浜が人気の街である理由の一つには間違いなさそうです。例えば人気のみなとみらいエリア。整然と並んだビル、しっかりと整備された道路に海の調和が洗練された雰囲気で、デートにもぴったりのおしゃれなエリアです。また、山手のエリアも人気。異国情緒漂うノスタルジックな雰囲気の歴史ある建物が立ち並び、みなとみらいとはまた違った雰囲気の洗練された雰囲気のエリアです。山手は高級住宅街としても有名。

山手にある「外交官の家」

おしゃれなだけじゃない生活のしやすさ

おしゃれな街は確かに魅力的ですが、現実的に考えるとおしゃれなだけだと生活をしていくには難しいですよね。横浜はファミリー、単身者問わずに暮らしやすいという点も魅力の一つ。洗練された街ですが少しあるけば自然がある公園や海もあり、学校も名門校がいくつかあるのでお子さんの教育も安心です。もちろん、生活していくにあたってのお店にも困りません。大概のお店は横浜で揃っちゃうのでわざわざ遠出しなくても快適に暮らせます。そこも横浜という街の魅力の一つ。

豊かな緑と海が素敵な山下公園。

交通の便

横浜の交通の便の良さは人気の街である理由の一つであると言えます。JR京浜東北線を使えば、東京方面へ一本でアクセス可能。その先の大宮方面にも簡単にアクセスができます。他には、JR根岸線、横須賀線など神奈川県内の移動もらくらくな路線、JR湘南新宿ライン、地下鉄のブルーライン、私鉄も充実しており京急、東急東横線、みなとみらい線、相模鉄道もあります。そしてJR東海道新幹線の停車駅でもあるので、地方への移動もらくらくです。電車以外にも観光スポットを220円で効率よく周れるバス「あかいくつ」も運行しているので、市内で遊ぶときにも便利。

周遊バス「あかいくつ」

まとめ

いかがでしたでしょうか。このように様々な角度から横浜を見てみると、他の都市とは違った魅力がたくさんつまった都市だということがわかります。おしゃれで、便利で、生活もしやすい。シンプルですがなかなかここまで魅力的なポイントが揃う街はなく、常に住みたい街ランキングのトップなのもうなずけます。

そんな横浜に一度住んでみたい!という方はぜひウィークリーマンション・マンスリーマンションでお試し移住してみてはいかがでしょうか?一人でではもちろん、同棲などやルームシェアでのお試しにもおすすめです。

 

横浜にも楽々アクセス(^^)/★通勤・通学にも便利な京浜東北線沿線特集♪

京浜東北線沿線は便利

京浜東北線は、埼玉県の大宮駅から東京駅を経由し、神奈川県の横浜駅を結ぶ路線です。京浜東北線沿線は栄えているエリアが多く、学生さんにも子育て世代にも幅広く暮らしやすい場所となっています。

例えば、京浜東北線沿線の神奈川県側の駅周辺に住む場合、東京へのアクセスがすぐなので通勤・通学にも便利ですし、休日遊びに行くのにも横浜・川崎・東京周辺とたくさんの選択肢があり楽しむことができますよ。

今回は京浜東北線沿線の魅力をご紹介致します。

京浜東北線

子育てに良い環境

京浜東北線沿線には様々な面で充実している川崎駅、子育てサポートが手厚い大森駅、治安の良い川口駅など、とにかく子育てに良い環境の街がたくさんあります。

特に川崎駅は都会的な街並みと自然が共存しているので子育て世代に人気の街です。駅の周りにはラゾーナ川崎を代表する様々商業施設があり、少し離れた場所にはよみうりランドなどの娯楽施設、生田緑地といった自然がいっぱいの公園もあり、日常のお買い物にも、お子さんと遊びに行くのにも困りません。

川崎駅ですと東京駅へは上野東京ラインで20分以内にアクセスできますし、横浜駅までは今回ご紹介している京浜東北線で15分以内にアクセス可能となっており、通勤・通学にも便利な駅となっています。

豊かな自然と都会的な街並みが共存する街、川崎

交通の便が良い

京浜東北線沿線は交通の便が良い駅が多く、特に横浜駅はなんと11路線も通っており、どこへ行くのにも乗り換えなしで行ける場合が多い駅となっています。

他には鶴見駅なども交通の便が良い上に治安も良く穏やかな街で住みやすくおすすめです。乗り入れ路線は3路線と、横浜駅と比べてしまうと少なめに感じますが、実際横浜駅が充実しすぎている路線数であるので、3路線でも十分交通の便が良い駅だと言えます。

そんな鶴見駅は今回ご紹介している京浜東北線の他にも、鶴見線、京急本線も走っていて、横浜へは10分、川崎へは4分、都内へは30分前後と主要都市へのアクセスの良さが抜群なのが特徴です。

通勤・通学の時間を減らしたい方にはとてもおすすめの街となっています。

鶴見川。自然がいっぱいの鶴見。

単身者にも住みやすい

京浜東北線沿線は単身者にもおすすめです。横浜や都内の駅などだと少し家賃・物価などが高めではありますが、たった数駅程度離れただけで、家賃相場や物価がグッと安くなります。それなのに横浜や都内へのアクセスは良好なので、社会人の方はもちろん、学生さんにもぜひおすすめしたい場所です。

一人暮らしデビューにもおすすめ!

いろんなシーンでおすすめしたい京浜東北線沿線

京浜東北線沿線の紹介はいかがでしたでしょうか?まとめますと、

  • 子育て支援サービスが手厚い場所や治安が良い地域に面した駅が多い
  • 交通の便が良く、通勤・通学はもちろん、休日の遊び場所にも困らない
  • 社会人・学生さん問わず単身者にも住みやすい雰囲気

以上のように、様々な方におすすめしたいのが京浜東北線沿線の地域です。

また、出張やテレワーク、東京都心・横浜周辺へのご旅行の際にもぜひおすすめなのがこの地域です。ホテルなどですと1ヵ月以上の滞在の場合、どうしても洗濯や料理などがしづらい面がありますし、何よりいつも過ごしている家とホテルなどはどうしても過ごしやすさが異なってきますので、マンスリーマンションのご利用がおすすめです。

マンスリーマンションですといつもの自宅で過ごしている雰囲気のまま、お仕事やご旅行ができるのでとても安心です。

また、同棲し始める予定のカップルさんや、一人暮らしデビューで事前にどんな感じか試してみたい!という方にもおすすめ。最近そういったお試しでのマンスリーマンションのご利用も増えてきているようです。

ぜひ京浜東北線沿線でウィークリー・マンスリーマンションを探してみてはいかがでしょうか。

住みたい街ランキング1位!!横浜で住みやすい地区をまとめました♪

横浜市について

東京で働く人々のベッドタウンとしても人気の横浜市。全国の市で人口が最も多い場所となっています。

横浜中華街、横浜ランドマークタワーなどの有名な観光スポットもある上に住みやすい環境で、毎年住みたい街ランキング上位にもランクイン。

今回はそんな横浜市の中でも住みやすいと言われる地区をまとめてみました。

都会的な雰囲気と海がマッチした素敵な街です。

 

住みやすい地区①日吉

横浜市港北区にある日吉。近年人気の高まっているエリアです。

日吉駅は東急東横線・東急目黒線・市営地下鉄グリーンラインの3つの路線が乗り入れており、駅の東側には慶応義塾大学日吉キャンパス、西側には「日吉商店街」という商店街があり、様々なお店が立ち並びます。

学生街の特徴である物価が安い・治安が良いという点が人気の一つとなっています。

もう一点、日吉には閑静な住宅街の顔もあり、日吉駅東側付近の学生街の賑やかさとは反対に、駅西側の奥まった場所には緑がたくさんある住宅街が広がっていて、「松の川緑道」という緑道でのんびりお散歩・ウォーキングを楽しむことも可能です。

一人暮らし・ファミリー・同棲など様々な方々におすすめな街となっています。

 

住みやすい地区②山手

山手は横浜市中区にある地域で、高級住宅街として有名な場所で、元町・中華街、石川町の南に位置しています。

その昔、外国人居留地だった際の名残である異国情緒あふれる素敵な建物・たくさんの自然の中にある整然とした閑静な住宅街などの環境が高級住宅街として人気の要因一つとなっています。

また、山手は「フェリス女学院」といった有名な私立学校もたくさんあり、教育の街としても有名です。

人気の観光スポットである「港の見える丘公園」や「元町ショッピングストリート」などへのアクセスも容易、もちろん、スーパーマーケットなどといった生活に密着したお店もたくさんあるので、特にファミリーで住むにはおすすめの地域となっています。

山手を代表する西洋館のひとつである「山手234番館」

 

住みやすい地区③鶴見

最近、過ごしやすい地区として選ばれる方が多いのが横浜市鶴見区です。鶴見駅は川崎駅・横浜駅にいずれも電車で10分以内にアクセス可能な上、京浜東北線が通っているので東京都心へのアクセスも電車で一本で可能です。

鶴見には「鶴見川」という川が流れ、「県立 三ツ池公園」という緑豊かな大きな公園もあり、たくさんの自然に囲まれた街となっています。

そんな自然がいっぱいの鶴見ですが、鶴見駅周辺は「CIAL鶴見」という駅ナカビルや「シークレイン」などの商業施設が充実していて、買い物などの日常生活にも困りません。

また、鶴見は知る人ぞ知る日帰り温泉施設が多い街でもあるんです。早朝や深夜にもやっている施設があるので、休日はもちろん、平日の夜や早起きして朝活で温泉などもできちゃいます。

たくさんの魅力が詰まった鶴見。一番の魅力は横浜や川崎、東京都心へのアクセスの良さなので、東京などに勤め先がある方に特におすすめの場所となっています。

鶴見緑地の風車。季節によって異なる花畑を見ることができます。

 

実際に一度は住んでみてほしい横浜

このように横浜には様々な魅力ある街があります。

住みたい街ランキング上位に毎回ランクインする横浜ですが、憧れだけではなく実際に一度は住んでいただきたいとても素敵な場所です。

とはいえ、いきなり横浜へお引越し…というのも難しいですよね。

まずはお試しとして、ウィークリー・マンスリーマンションで少しだけ住んでみたり、東京都心への出張や、短期間のテレワークの際に住んでみたりするのがおすすめです。

ぜひ一度、横浜周辺でウィークリー・マンスリーマンションを探してみてはいかがでしょうか。

ワーケーションデビューにおすすめ!横浜でワーケーション!!

ワーケーションとは

 

ワーケーションとは、work(ワーク・働く)とvacation(バケーション・休暇)を合わせた造語で、観光地などで休暇を兼ねながらテレワークで働く働き方のことです。

ワーケーションは仕事の効率アップ、作業時のストレス軽減などが実証実験の結果で証明されています。

 

仕事のイメージ

 

どこでワーケーションをするか

 

まずどこでワーケーションするか…悩みますよね。海外やリゾート地でのワーケーションも素敵ですが、まずは手軽な観光地でやってみたいなぁ、なんて方におすすめなのが横浜でのワーケーションです。

横浜でのワーケーションのメリットとして、

  • 東京都心へのアクセスが容易
  • 中華街などの有名な観光地がたくさん
  • 港町なので海を満喫できる
  • 意外と緑も多く、のんびり過ごせる場所がある
  • 商業施設がたくさんあるので買い物・食事で困らない

…などなど挙げればキリがないですが、横浜は観光地と住みやすい街のいいとこどりの場所なので、ワーケーションデビューにはぴったりの場所です。

 

 

横浜での楽しみ方

 

そんなワーケーションデビューにぴったりの横浜での楽しみ方をご紹介いたします。

 

1.山下公園でゆっくりすごす

 

観光の定番山下公園には芝生やお花、ベイブリッジや海のそばのベンチなどがあり、ゆったりとした時間過ごすことができます。ポケットWiFiをもっていけば、良い景色を眺めながらお仕事も可能です。

 

2.横浜中華街でグルメを堪能

 

こちらも定番の過ごし方のひとつ。中華街には中華料理以外にも韓国料理や台湾料理のお店もあるんですよ。お仕事がひと段落ついたら、ふらっと中華街にご飯を食べに行くのも良いですね!

 

3.ランドマークタワーで夜景を眺める

 

ランドマークタワーではショッピング・お食事はもちろん、69階にある展望フロアで横浜を一望することができます。特に夜景はとてもきれいなので、ぜひ一度訪れてみてください。

 

ワーケーションで滞在するお部屋

 

いくら実証実験で仕事の効率アップなどが証明されているとはいえ、ワーケーションで本当に普段のように仕事ができるか、不安だと思います。まずはどんな感じなのか試しに体験してみたくなりますよね。

そんなワーケーションをやってみたいけどまずはちょっとだけ体験してみたい、という方におすすめなのが、マンスリーマンションを借りてのワーケーションです。

ホテルや旅館のお部屋でのワーケーションも素敵ですが、マンスリーマンションですといつもの自宅とは違う新鮮な気持ちで過ごしながらも、家具家電付きで自宅のように過ごすことができ、ワーケーションデビューされたい方にとてもおすすめです。

 

マンスリーマンションでのワーケーションのメリット

 

そんなワーケーションデビューにおすすめのマンスリーマンションですが、一体どんなメリットがあるのかご紹介したいと思います。

 

●自宅とは違う場所で自宅のように過ごせる

ホテルはいつもと違った新鮮な気持ちで過ごせますが、家具家電がついておらず不便に感じる点もあるかと思います。マンスリーマンションは、ホテルと同様新鮮な気持ちでお部屋で過ごせる上に、家具家電付きでいつもの自宅のように炊事・洗濯も可能なのでとても便利で過ごしやすいのがメリットです。

 

●ホテルなどよりゆったりとしたお部屋で過ごすことができる

観光地のホテルはきれいでも狭い間取りのお部屋が多く、スーツケースを入れるとフリースペースがほとんどなくなってしまう事も少なくありません。ですが、マンスリーマンションは普通のお部屋を借りることができるので、ホテルよりゆったりと過ごすことができます。

 

●長期滞在でのワーケーションの場合マンスリーマンションの方が低コスト

1か月以上の滞在ですと、ホテルなどよりマンスリーマンションでの滞在の方が安くなることが多いです。

 

まとめ

 

ワーケーション、いかがでしたでしょうか。お仕事効率アップ+観光地でリフレッシュもできて一石二鳥だなんてとても魅力的です。

特にマンスリーマンションでの滞在はメリットも多く、おすすめです。今回ご紹介した横浜周辺は、観光地が多いですがゆったりと過ごせる場所も多いので、ワーケーションデビューにはぴったりの場所となっています。

ぜひ横浜・川崎マンスリードットコムでお部屋を探してみてはいかがでしょうか。

☆マンスリーマンション滞在の際に用意すると便利なものをご紹介(^^)/☆

いつもご覧いただきありがとうございます(^^)/♡

マンスリーマンションのメリットの一つとして、ホテルと違い、ほとんどのお部屋が自炊可能・洗濯機付き…などなど、まるで自分の本当のお部屋と同じように生活ができる、という点があります!

今回はマンスリーマンションに滞在するにあたって用意すると便利なものをご紹介したいと思います♪

—–

・タオル類 備品でタオルがついているお部屋はそんなに多くないので必需品です。

・コップ 外食中心で生活される場合でも意外と使うのがコップです。

・ハンガー、洗濯洗剤類 マンスリーマンションといえば洗濯機がついたお部屋が多くわざわざコインランドリーまで行かなくても良いのが利点かと思いますが、意外と洗剤類やハンガーは備品としてついていないお部屋があります。

・ドライヤー ドライヤーも意外と備品としてついていないお部屋がありますので、事前にチェックしておきましょう!

・シャンプー類 普段使っているシャンプーをそのまま持っていきたいところですが、結構かさばるのでトラベルセットなどの小さなボトルに入れて、なくなったら現地で購入するのがおすすめです。

・調理器具・食器 自炊するなら必須ですね!

・はさみ 自炊でも外食でも関係なくはさみは必ず用意したほうが便利です!

・延長ケーブル お部屋によってコンセントの位置が様々なので、パソコンを使う場合や充電しながらスマホを使う場合など、どんな場所にコンセントがあっても問題なく使える延長ケーブルがあるととても便利です!

—–

ちなみに、Beeマンスリーではドライヤー・シャンプー類・コップ・食器・調理器具・食器用洗剤・ハンガーすべて備品としてお付けしております♪

今回はそんなBeeマンスリーのお部屋からおすすめのお部屋をご紹介させて頂きます(^^)/♡

—–

Beeマンスリー横浜鶴見仲通

弁天橋駅 徒歩10分

リノベーション済みのおしゃれできれいなお部屋です(^^♪

ハンガー類や、

食器・調理器具類もすべて備品としてお付けしております(^^)/♡

もちろん、お写真にはないドライヤー・シャンプー類・食器用洗剤なども備品としてお付けしております!

Beeマンスリーは他のマンスリーマンションにはなかなかない、充実した備品がついているのが特徴です♪

東京へのアクセスも容易な横浜市にあるBeeマンスリーでぜひマンスリーマンションを探してみてはいかがでしょうか。